*

カフェインの効能と副作用

カフェインの効能と副作用

そもそも、カフェインは体にどのような影響を及ぼすものなのでしょうか。効能と副作用の両面で調べてみました。

カフェインの効能

調べてみると、カフェインには多くのよい面があることに気づかされます。

具体的には、
・覚醒作用(眠気覚まし・集中力アップ)
・脂肪燃焼
・筋肉収縮効果(運動能力向上)
・利尿作用
・鎮痛作用
などです。

あくまでも大量摂取が体によくないだけであって、嬉しいこともたくさんあるのですね。

カフェインの副作用

では、一方でどのような副作用があるのでしょうか。
・胃腸が荒れる
・鉄分の吸収が阻害される
・肌が荒れる(体内のビタミンやミネラルが体外に排出されるため)

なお、感受性の強い人は不眠や頭痛、神経過敏などを生じさせるおそれがあるとも言われています。

そして、妊娠中の人は、流産や胎児の発育不全や早産の危険があります。
授乳中はカフェインが母乳にも移行するので、乳児に悪影響を及ぼすこともあるので、ともに注意が必要ですね。

 

≪参考≫
カフェインの副作用と効果・効能
カフェインの効果ナビ
堀産婦人科 妊娠中のカフェイン摂取
FOOCOM.NET コーヒーは1日に何杯まで飲んでよい?
本当は怖いカフェインの真実と注意すべき副作用


公開日:
最終更新日:2015/10/21

PAGE TOP ↑